男の人

工数削減で効率化

弁護士バッチ

案件管理は弁護士にとって最も重要な業務です。複数の案件を常に掛け持ちしている状況でより効率的に仕事を行うためには必要不可欠なのです。そしてIT時代の今では弁護士事務所でも案件管理システムを導入することで工数削減が行われています。

More...

会議のICT革命

会議

ここ数年急速に普及が進んでいるのはWEB会議システムです。最近の高画質化・高音質化が著しいWEB会議への移行も視野に入ってきます。ブロードバンド回線を背景としたクラウドサービスなら、導入コストもテレビ会議と比べて高額とは言えません。また、今までは本社や地方など会議のために、交通費をかけて社員が出向いていたものもWEB会議を利用すれば出張費用も抑えられ、大判なコストカットに繋がります。移動に割いていた時間も会議に当てることができ、効率化も図れるのです。

WEB会議最大のメリットは場所を選ばずに会議ができる点にあります。従来のテレビ会議は会議室に設置された大型の専用モニターを必要としていました。会議室に社員や重役が集まることで、初めて遠隔拠点との会議が成立していたのです。WEB会議では社内のPCはもちろん、スマートフォンやタブレット端末にも対応しています。3G回線を使えば外出先からでも会議に参加できるのです。豊富な付加機能もテレビ会議にないWEB会議ならではの特徴です。ホワイトボードを使った資料共有やアンケート機能を使った多数決などは、会議のスムーズな進行を助けてくれます。テキストチャットを使うことにより、コミュニケーションを取りながら会議を進めるのもいいでしょう。それらの機能をうまく使えば、会議だけでなく社内セミナーやイベントにも活用幅が広がります。多くのWEB会議システムには録画機能もついていますので、動画配信サービスとの連携も可能なのです。このようにICT技術を駆使したWEB会議は、従来のテレビ会議システムとはまったくの別物と言っても過言ではありません。新しい会議手法をいち早くマスターした企業が、新時代をリードしていくのです。

デスマとならないためには

システム

システム開発は納期が厳しい場合が多いです。その原因は作業工数の見積もりの甘さです。正しく見積もるには作業内容を漏れなく洗い出すことです。また、納期を守るためには上流工程に時間をかけて手戻りを防止したり、作業の機械化が重要です。

More...