男性

デスマとならないためには

システム

見積もりを甘くしない

システム開発に従事する者は、長時間残業となる傾向があります。場合によっては徹夜や休日出勤して仕事する者もいます。長時間勤務の原因は様々ですが、一例として厳しい納期があります。納期が厳しい原因は、見積もりの甘さがあります。どのようなスキルを持ったシステム開発者を集めることができ、作業工数がどれくらいの工数になるのか見積もりが甘いことが原因です。正しく作業工数を算出し、悠々と納期を間に合わせるには、作業内容を漏れなく洗い出すことです。想定よりも作業工数が増える要因は、当初予定していなかった作業が発生することが挙げられます。従って有識者とレビューし、作業内容をブレイクダウンしていって作業の洗い出しをする必要があります。

楽を求めるには

システム開発において、作業内容は見積もり時に一致していても、作業工数が増える場合があります。その原因は作業の質の低下です。システム開発テストで多数の不良が摘出されると、再度コーディングしてテストするという手戻りが発生し、作業工数の増大に繋がります。従って要件定義や設計など上流工程に多くの時間を割き、手戻りを減らすことが重要です。またシステム開発では表計算ソフトなどを利用してドキュメント類を作成することが多いです。資料をいかに効率よく作成するかが重要になります。そのためにはスクリプトを作成するなどして冗長な作業は極力機械化すると良いです。機械化することによって作業時間の短縮を実現するだけでなく、ミスの削減にも繋がります。