男性

工数削減で効率化

弁護士バッチ

荷物の軽減につながる

今や弁護士の仕事もIT化されており、タブレットやノートパソコンなどを使用して案件やスケジュール管理している人が増加しています。弁護士のイメージは大きいカバンと膨大な資料ですが、最近では、パソコンに資料を入れたりすることで荷物も軽量化しています。過去の案件事例の検索や判例、六法などもパソコンにソフトとして入れることができますので、重い荷物を運ぶ必要もないのです。そしてどこでも案件管理することができ、すぐに仕事に着手できる効率化も兼ねています。専用のシステムやソフトも出回っており、導入している弁護士事務所も多くなっています。クラウドを用いて複数の端末からデータにアクセスできるので、今後のスケジュールや案件の進捗状況などが逐一確認できるのは非常に便利です。

情報の同期ができる

事務所でも案件管理ソフトやシステムは重宝されています。複数いる弁護士の個々のスケジュールを一元管理することはシステム導入をしていないと難しく、リアルタイムの状況を確認できないのです。しかし一つのシステムであれば、全員の案件管理とスケジュール管理を一度にすることができます。急な依頼が発生した際などのアサインも楽にできるのです。そしてその情報もリアルタイムで共有されるため、案件の振り分けなどに時間をとられることもありません。弁護士にも専門性が求められています。民事や刑事の区分だけでなく、賃貸借や不動産など専門分野が細分化されています。案件管理システムでは、必要な案件をすぐに検索できることで前処理などにかかる工数削減にもつながるのです。